purring cat

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PERSONA trinity soul 第23話「絆を抱いて」

結局、が連れて行ってしまったのね。
洵にとってこの世界は、そんなにも生き難い場所だったんでしょうか。
それとも諒を救いに行ったの?
予告を見る限り、来週は諒の話なので、その辺りの説明があればいいな、と。

カナル・・・
慎は、事が終わった後に知らされる、ということが多いですよね。
カナルだけではなく、諒、洵、ユキ、両親、映子。
皆、慎の知らない場所で事に巻き込まれ、居なくなったことを後で知らされる。
これはキツイ。
きちんと別れを言えなかった、というのはただでさえ引き摺るのに。
あの歳で、こんな短い期間に近しい人を何人も亡くして、何らかの精神的なケアを、
受ける必要があるのでは?などと、余計な心配をしてみたり。
でも真面目に、全てが終わった後の慎は危ないのではないかなあ。

ただ、公園での慎とカナルのやり取りは、哀しいけれど、穏やかで優しくて、
雪が降っているにも関わらず暖かく見えて、少しホッとしました。
カナルの最後が一人でなくて良かった。一番好きな人の傍に居られて良かった。
楽しい思い出を持って旅立ててよかった。
良い子だもの、きっと天国に行けたさ。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

PERSONA trinity soul 第22話「依り代」

壮太郎が死んじゃった・・・

思ってた以上にこのキャラ好きだったみたい。
あんなにあっさり、しかも惨い死に方を見たら悲しくて(涙)
サキも女の子なのに、気になってた男の子の前で、あんな姿で・・・

この子達の人生って何だったの?
誰か一人くらい救われると思ってたのに、この遣り切れない気持ちは何処にぶつければいいんだ。
とりあえず叫んでおこう。 九條のあほんだらーーーーーーーー。

こうなったらカナルだけでも無事生き延びて欲しいです。
正確に言えば人ではないのかもしれないし、予告見てもフラグ立ちまくってる気がするけれど、そんなの気のせいだわきっと。
第一、カナルに何かあればが・・・
が、と共にあちら側に渡ってしまいそうな勢いなので、カナルまで居なくなったら慎どうなるのよ、と。
オープニングの哀しい横顔が未来の慎、だなんてことは嫌だな、と思うのです。

エンディングの絵も、諒が建物の外に居て、洵は横を向き表情が見えず、慎の顔だけがこちら側を向いている、というのは意味あるんだろうなとは思っていたけど、あの絵通りならば、想像より切ない終わり方になるのでしょうか。

諒兄ちゃん、洵を連れていかないでね。

来週見るのがちょっと怖い。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアス R2 TURN8「百万のキセキ」

あまりの展開に笑った。
”その手があったか、一本とられた!”と思うよりも、禁じ手を使われたような気が激しくする。
アレが有りなら何でも有りというか。
いやそういうアニメだとは思うし、受けましたけども、もにょもにょもにょ。

ルルーシュは、つくづく浮世離れした発想の持ち主なんですね。 伊達に王子様じゃないのね。
本来はクロヴィスと張るか、それ以上に、お貴族様のお坊ちゃま気質だと思っていましたが、今回の作戦を見てその思いが強まりました。
大胆過ぎる作戦もですが、責任の負い方が極端。
前回で、神輿としての責任を自覚した途端これですよ。
いきなり背負いすぎ。面白すぎる、ルルーシュ。

完璧主義でプライドが山のように高いんでしょうか。
現実と理想のギャップによるストレスも人より感じるタイプ?
いつの日か、背負った人々に愛想尽かす時が来るのかも。
背負った者達に絶望するルルーシュというのも、ちょっとだけ見てみたいです。

流浪の民になった日本人は、何処に行くのでしょうか。
コードギアスの世界の、他国の庶民の暮らしぶりの描写が無いからか、イマイチ想像が付かない。
この世界の、戦争をしていない一般市民が、そろそろ登場しないかと期待しています。

残った日本人はどうなるのか。スザクの処遇は今後どうなるのか、来週も楽しみです。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

PERSONA trinity soul 第21話「残刻」

この話、ちゃんと終わりそうだよ、良かったぁ。 
伏線やらなにやら、広げたものをキチンと回収して終わらせてくれるのか、ここ5話くらい不安な気持ちになっていたので、先が見えてホッとしました。

警察も政府も、表向きは手を引き、研究員と製薬会社もうまいこと逃げて、この事件は九條とマレビトを倒して一応の手打ちとする、のかな?
研究資料を処分したいんだろうけど、逃げた研究員はどうするんだろう。
研究所の所在も、人手不足ということもあって、研究員とっ捕まえて聞いたりということは出来なかったようですし、放置するのかしら。
真田さん、本当に単独捜査なのねー、としみじみ。

それにしてもマレビト達の境遇は、思った以上に悲惨。
ひとつの孤児院を丸ごと買い取って、孤児を実験体にするなんて、九條許すまじ。
マレビト達には、ペルソナ切り離して助かって欲しいです。

それはそうと、楢崎刑事が無気力症に! 
元には戻らないんでしょうか。
人の良い、癒しキャラだっただけにショックだわ。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアス R2 TURN7「棄てられた 仮面」

4話~7話の録画を、まとめ見しました。

今週はナナリーがエリア11の新総督に就任し、その就任式典の場で、行政特区日本という、嘗てのユーフェミア皇女の意思を受け継ぐことを公に宣言。
このことでルルーシュは、ゼロの存在意義を見失い、分かりやすく荒れます(笑)
何もそんな荒れ方しなくても~、というような荒れっぷり。  
一気にドラッグまで突っ走ろうとしますが、カレンが阻止。
結果、ルルはナナリーのためだけではなく、より多くの自分を必要とする人達のために、ゼロを演じる決意をします。

ゼロは大衆を煽動するための分かり易い神輿で、ルルーシュは今まで、その状況を利用するだけ利用し、都合が悪くなれば、あっさり担ぎ手を切り捨てる気でいました。前期のラストでは実際にそうしました。
だから余計に今回の心境の変化は重大で、このことがルルーシュを、益々のっぴきならない状況へと追い込まないか心配です。
心情的に組織に加担する、というのは、以前よりも遥かに、ルルーシュ自身に犠牲を強いることになる。
責任や義務は、よりそれを感じる人の所へと、やってくるものだからです。
ルルは、ここぞというところでイマイチ運が悪い人ですし・・・。

神輿と言えば5話で、その神輿を神輿だと分かって持ち上げてる人と、盲信する人の対比が少し描かれていました。盲信する人達にとって、ヒーローの責任感が強いと、自分達の責任をあまり自覚しなくて良いので、とても楽なんですよね。

一方スザク
黒の騎士団が、自治区日本に協力をするという形で、表面上はブリタニアへの歩み寄りがあったわけですが、スザクがどういう風に対応するのか、次回がとても楽しみ。

第2シーズンのスザクは、前期の奇麗事が多かった頃に比べ、目的がハッキリしている所が好き。
若さという理由はあるにしても、前期のあの無自覚な残酷さは、ユーフェミアと並べて、どうしても受け入れ難いものがありました。
今シーズンは、己の功罪を自覚した上での行動なので、ある意味安心して観ていられます。

ルルとスザクの二人とも、精神的に成長しましたよね。
現在のルルとスザクが組めば、より早く二人の目的も達成されそうな気がします。
でも、スザクには国のことに加え、ユーフェミアの件でルルーシュへの復讐、という目的が一つ増えているので、余程のことが無い限り、この二人が真に手を携えることはないんでしょう。

ただ、ロロのことにしても、毎回、予想を良い意味で裏切ってくれるアニメなので、意外と何とかなるのかもしれませんねー。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。