purring cat

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス R2 TURN7「棄てられた 仮面」

4話~7話の録画を、まとめ見しました。

今週はナナリーがエリア11の新総督に就任し、その就任式典の場で、行政特区日本という、嘗てのユーフェミア皇女の意思を受け継ぐことを公に宣言。
このことでルルーシュは、ゼロの存在意義を見失い、分かりやすく荒れます(笑)
何もそんな荒れ方しなくても~、というような荒れっぷり。  
一気にドラッグまで突っ走ろうとしますが、カレンが阻止。
結果、ルルはナナリーのためだけではなく、より多くの自分を必要とする人達のために、ゼロを演じる決意をします。

ゼロは大衆を煽動するための分かり易い神輿で、ルルーシュは今まで、その状況を利用するだけ利用し、都合が悪くなれば、あっさり担ぎ手を切り捨てる気でいました。前期のラストでは実際にそうしました。
だから余計に今回の心境の変化は重大で、このことがルルーシュを、益々のっぴきならない状況へと追い込まないか心配です。
心情的に組織に加担する、というのは、以前よりも遥かに、ルルーシュ自身に犠牲を強いることになる。
責任や義務は、よりそれを感じる人の所へと、やってくるものだからです。
ルルは、ここぞというところでイマイチ運が悪い人ですし・・・。

神輿と言えば5話で、その神輿を神輿だと分かって持ち上げてる人と、盲信する人の対比が少し描かれていました。盲信する人達にとって、ヒーローの責任感が強いと、自分達の責任をあまり自覚しなくて良いので、とても楽なんですよね。

一方スザク
黒の騎士団が、自治区日本に協力をするという形で、表面上はブリタニアへの歩み寄りがあったわけですが、スザクがどういう風に対応するのか、次回がとても楽しみ。

第2シーズンのスザクは、前期の奇麗事が多かった頃に比べ、目的がハッキリしている所が好き。
若さという理由はあるにしても、前期のあの無自覚な残酷さは、ユーフェミアと並べて、どうしても受け入れ難いものがありました。
今シーズンは、己の功罪を自覚した上での行動なので、ある意味安心して観ていられます。

ルルとスザクの二人とも、精神的に成長しましたよね。
現在のルルとスザクが組めば、より早く二人の目的も達成されそうな気がします。
でも、スザクには国のことに加え、ユーフェミアの件でルルーシュへの復讐、という目的が一つ増えているので、余程のことが無い限り、この二人が真に手を携えることはないんでしょう。

ただ、ロロのことにしても、毎回、予想を良い意味で裏切ってくれるアニメなので、意外と何とかなるのかもしれませんねー。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアスR2 反逆のルルーシュ 第3話『囚われの学園』

この期に及んで、まだ普通に学園生活を送るルルーシュ
ディートハルトが知ったなら踊りだしそうなシチュだと思う。
面の皮の厚さと肝の据わり方が普通じゃないのが、見ていて楽しい人ですよね、ルルって。

ロロは、どちらかと言えばスザクタイプの人のようなので、ルルーシュにとって戦いでの相性は悪そうです。
スザクでは失敗したけれど、ロロを上手に取り込むことが出来れば、ルルーシュにとって強力な味方になりそう。
ただ、ロロが監視者になった理由に、ルルーシュへの私怨というのがありそうなのが問題かな。
スザクとタッグ組まれたら目も当てられんなーと思うので、その前になんとかなればいいですね。
頑張れルル。
ロロは、意外な人と血縁関係がありそうな気もします。

敵がどんどん強力になり、数も増えていってるというのに、ルルの手駒が相変わらず少ないのは何とかならんのでしょうか。
黒の騎士団は頼りないし。
中華連は裏切りのカードだと、今週のラストで分かりましたしね。
まあブリタニアとのバランスを崩したくなければ、それは当然のことですが、ルルが正体を明かせば、案外人脈と後ろ盾は出来そうな気がします。
難しいかな?
身バレは諸刃の刃かしら。
でもいい加減、各国にゼロの正体の情報はまわってそうですよね。諜報機関とか当然あるだろうし。

スザクとランスロットですが、あまりに最強に設定してあるのはどうよ、と思うことがある。
戦闘シーンにメリハリが・・・      
別にルルの側じゃなくてもいいから、ブリタニア以外の勢力に、スザクと同じくらいの腕を持つ人間とナイトメアが現れるといいな。
三つ巴とか三竦みとか好きなんですよね。

まずはカレンに最新のナイトメアを与えて欲しい。
カレンはお色気もいいんだけど、やはり戦う姿が一番だと思う。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアスR2 反逆のルルーシュ 第2話 『日本 独立 計画』

第1話は楽しみにしていたのにも関わらず、ナチュラルに見逃しました。

なので、先週は感想を載せている各ブログ様にお邪魔して内容を把握。
面白かったんだなーということも把握。
楽しそうな文面から、みんな第2シーズンを楽しみにしてたんだな、ということも把握。
そうだよね待ってたよね第2シーズン! なのに何で見逃すかなぁ、私。
今日の2話目は反省を踏まえてちゃんと予約録画しました。

で、さっき見終わったわけですが、いや~ 面白かったです。
中身の充実度が凄いですね。内容濃いぃ。
わかも、じゃない、皇帝とスザクとルルーシュのやり取りから、あの後に何が起こってこうなったのかも分かってスッキリです。
皇帝のギアスの能力ってあれだけということは無いですよね?まだまだ隠し玉がありそうな・・・

台詞は、相変わらずコードギアスらしい印象的なものが多いな、と。
カレン「はじけろブリタニア!」はカッコよかったです。
「文化無きサルが!」もよかったわ。
ああいうこと言うオジサマが最後に地面に這い蹲る姿にはときめくよね、と家人に言ったら変態扱いされました。ごめんなさい。

スザクは出世しましたねー。
内側から「ブリタニアをぶっ壊す」をやれるポジションに早くなれるといいですね。
奇麗事を言わなくなった分、前より見やすくなった気がするスザクくん。
でも最初の目的を実行する気は、まだあるんでしょうか。
どんな思惑があるのかは、前より見え辛くなりましたね。
純粋な人ほど、極端に振れやすいのでちょっと怖い。

ルルーシュは、あの大げささは幼少の頃からのものなんでしょうか。一度ナナリーに聞いてみたいです。
でも、あのくらい芝居がかってた方が、テレビ向きで人を煽動し易くていいなと今回改めて思いました。
ディートハルトはルルーシュのそんな姿に萌えるんでしょうね。私もです。
神輿の上の人らしくていいじゃないか。
それプラス実行力も有りだと分かっているから、ウラベのような人たちが命をかけるんですよね。
ウラベの最期はすごかった・・・ カッコよかったよウラベ!

あとは優秀な参謀に恵まれればいいですね。
第1シーズンとは違い、正体もバレバレなんだし協力は仰ぎやすいと思うんだ。誰か頼りになる人登場しないかな。

コードギアスは国盗り物語だと思ってみているので、ルルーシュには「天下取ったる!」くらいの勢いで突っ走ってほしいです。
ルルーシュが破滅型っぽく、最後まで精神力が持ちそうにないのが難点ですが(前回の躓きもそれだし)、
ブリタニア皇帝がせっかく倒し甲斐のありそうな御仁なので、ルルには是非頑張ってもらいたい。

とかいいつつ、次回予告の、こんな状況でも普通に学園生活を送りそうなルルーシュにも期待。
どうしてこの状況で学校に通えるんだ。 いや、回想なのかな?

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。