purring cat

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアスR2 最終回 感想その2

今日は為替も株も大変な一日でしたねー。
歴史ってのは普通の人の選択の積み重ねだわ、と強く思わせる出来事でした。


ギアス最終回感想2回目。というよりルルーシュ語り。

25話を見直しました。
リアルタイムじゃ泣けなかったのに、2回目は何故かぼろ泣き。
よほど初回は展開にショック受けてたとみえる>自分。

ルルーシュの末路について、自分の中でこうなったら一番最悪だなあと思っていたラストは、スザクナナリーC.C.も去り、本当のルルーシュを知る者がいなくなった孤独の中を生きていく、玉座のルルーシュ、でした。
それは死ぬより辛いことなんでは?などと思っていたので、あのラストには救われた気もします。
C.C.の最後のセリフ、ギアスの王の力は人を孤独にする、「でも少し違ったな」という言葉は嬉しかったです。

確かにたった18歳で、命を絶たなくてはいけなかったことは悲劇だと思う。
EDの歌詞の「盛れよ咲けよ 散り急ぐことなかれ」の心境で、みっともなくてもいいから生き続けて欲しかったという気持ちもありますが、18歳だからこそ、あの選択だったのではないか、と同時に思います。

ルルーシュは幸せだったと思うのです。
見ようによっては世界の怨念背負って、不幸を背負って死んだようにも見えますけど、本人は満足してたのではないかと。達成感すらあったかもしれない。
この世で一番信頼する親友に、命を賭けた仕事を引き継いでもらい、自分の思うような形で完成させることが出来たこと、世界で一番愛する妹に最後の最後で理解されたこと。
これ以上のことを彼が欲していたようには思えないから。

だから、ナナリーの「愛してる」という言葉が間に合ってよかったと痛切に思います。
この言葉を聞けたことが、どれだけルルーシュにとって救いだったかと思うと、胸が詰まる。
他にはきっと何も要らなかったのではないかなあ、と思ってしまうんです。

もしもルルーシュの年齢がもっと上だったとしたら、大人のずるさも覚え、色々なしがらみが増え、この世界に沢山の未練が出来ていたと思う。
恋人も居て、ひょっとしたら子供だって作ってたかもしれない。
そうすると、死ねなくなるよね。真面目で責任感は強い人だから。
死なないでいい方向で計画も練ったでしょうし、きっとその年齢なりの幸せを手に入れたでしょう。
でも彼は18歳だった。

例えば国のために散る、なんてせつないことを真っ直ぐに思えるのは、若さとか純粋さが必要で、
丁度、偶然か必然か、ルルーシュはそういう年頃だった。 
そのことが良いか悪いかなど、その時代に生き、その立場に在った者にしか分からない、そういう類のことを選ぶ世界と時代に彼は生き、純粋に大儀のために命をかけることをあっさり選んでしまえる年齢だった。

もうね、運命としか言いようが無い。
そう思わせてくれる領域まで、キャラを造形しドラマを引っ張ってきた、監督や脚本家の力量の凄さみたいなものをひしひしと感じております。

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://purringcat.blog62.fc2.com/tb.php/49-c11a1007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。