purring cat

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス R2 TURN8「百万のキセキ」

あまりの展開に笑った。
”その手があったか、一本とられた!”と思うよりも、禁じ手を使われたような気が激しくする。
アレが有りなら何でも有りというか。
いやそういうアニメだとは思うし、受けましたけども、もにょもにょもにょ。

ルルーシュは、つくづく浮世離れした発想の持ち主なんですね。 伊達に王子様じゃないのね。
本来はクロヴィスと張るか、それ以上に、お貴族様のお坊ちゃま気質だと思っていましたが、今回の作戦を見てその思いが強まりました。
大胆過ぎる作戦もですが、責任の負い方が極端。
前回で、神輿としての責任を自覚した途端これですよ。
いきなり背負いすぎ。面白すぎる、ルルーシュ。

完璧主義でプライドが山のように高いんでしょうか。
現実と理想のギャップによるストレスも人より感じるタイプ?
いつの日か、背負った人々に愛想尽かす時が来るのかも。
背負った者達に絶望するルルーシュというのも、ちょっとだけ見てみたいです。

流浪の民になった日本人は、何処に行くのでしょうか。
コードギアスの世界の、他国の庶民の暮らしぶりの描写が無いからか、イマイチ想像が付かない。
この世界の、戦争をしていない一般市民が、そろそろ登場しないかと期待しています。

残った日本人はどうなるのか。スザクの処遇は今後どうなるのか、来週も楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://purringcat.blog62.fc2.com/tb.php/37-b991e039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。