purring cat

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス R2 TURN7「棄てられた 仮面」

4話~7話の録画を、まとめ見しました。

今週はナナリーがエリア11の新総督に就任し、その就任式典の場で、行政特区日本という、嘗てのユーフェミア皇女の意思を受け継ぐことを公に宣言。
このことでルルーシュは、ゼロの存在意義を見失い、分かりやすく荒れます(笑)
何もそんな荒れ方しなくても~、というような荒れっぷり。  
一気にドラッグまで突っ走ろうとしますが、カレンが阻止。
結果、ルルはナナリーのためだけではなく、より多くの自分を必要とする人達のために、ゼロを演じる決意をします。

ゼロは大衆を煽動するための分かり易い神輿で、ルルーシュは今まで、その状況を利用するだけ利用し、都合が悪くなれば、あっさり担ぎ手を切り捨てる気でいました。前期のラストでは実際にそうしました。
だから余計に今回の心境の変化は重大で、このことがルルーシュを、益々のっぴきならない状況へと追い込まないか心配です。
心情的に組織に加担する、というのは、以前よりも遥かに、ルルーシュ自身に犠牲を強いることになる。
責任や義務は、よりそれを感じる人の所へと、やってくるものだからです。
ルルは、ここぞというところでイマイチ運が悪い人ですし・・・。

神輿と言えば5話で、その神輿を神輿だと分かって持ち上げてる人と、盲信する人の対比が少し描かれていました。盲信する人達にとって、ヒーローの責任感が強いと、自分達の責任をあまり自覚しなくて良いので、とても楽なんですよね。

一方スザク
黒の騎士団が、自治区日本に協力をするという形で、表面上はブリタニアへの歩み寄りがあったわけですが、スザクがどういう風に対応するのか、次回がとても楽しみ。

第2シーズンのスザクは、前期の奇麗事が多かった頃に比べ、目的がハッキリしている所が好き。
若さという理由はあるにしても、前期のあの無自覚な残酷さは、ユーフェミアと並べて、どうしても受け入れ難いものがありました。
今シーズンは、己の功罪を自覚した上での行動なので、ある意味安心して観ていられます。

ルルとスザクの二人とも、精神的に成長しましたよね。
現在のルルとスザクが組めば、より早く二人の目的も達成されそうな気がします。
でも、スザクには国のことに加え、ユーフェミアの件でルルーシュへの復讐、という目的が一つ増えているので、余程のことが無い限り、この二人が真に手を携えることはないんでしょう。

ただ、ロロのことにしても、毎回、予想を良い意味で裏切ってくれるアニメなので、意外と何とかなるのかもしれませんねー。

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://purringcat.blog62.fc2.com/tb.php/33-7320f711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第7話 「棄てられた仮面」

コードギアス 反逆のルルーシュ volume02 (Blu-ray Disc) 闘う意味を見失いあて度も無く街を行くルルーシュ。このままゼロを棄ててしまうのか?迷い彷徨い無人のアッシュフォード学園でルルーシュが観たものは?同じ頃、トウキョウ湾に侵入した黒の騎士団にスザクが迫?...

  • 2008/05/22(木) 13:33:14 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。