purring cat

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュヴァリエ 第19話、第20話

アニマックスで見てるシュヴァリエ。
第19話「紅に染むるまで」、第20話「殉ずるものと」

デュラン・・・(´;ω;`)

嫌な予感はしてたんだよおおお。
ルイ15世への忠誠心と、デオン達への情との板ばさみで苦しんでいたデュラン
最後までどちらを取るか悩みながらも、あんな形ではあったけれど、両者への義理を果たし、立派に騎士として散っていきました。
ガーゴイル化しちゃったのは悲しかったけれど、ガーゴイル化しなかったら、どちらかへの裏切りに死ぬまで苦しみ続けたかもしれない。
最期のデュランの表情を見るにつけ、これが最善ではないけれど、彼にとっては比較的マシな結末だったのでは、と納得するものがありました。
デオンの夢に現れたデュランの晴れやかな顔にも、少しホッとしたり。

でも、その表情を知らないロビンには、騎士として殉じることの意味やデュランの葛藤は上手く飲み込めなかったのか、二心が芽生えてしまったようで。
デュランの顛末は、王室や騎士、そしてデオンへの疑問を生じさせるには十分なんでしょうね。
ロビンには生き残って欲しいんだけどな。

デオンもリア化が進んで、普段でも女性のような顔つきと声になってきてるのがせつない。
メアリーはああ言ってたけれど、これって幸せなこと?
史実だと、この後デオンはあーなってこーなるわけだけど、忠実にやるのならデオンにとってはかなりシビアなことになるよね。
とか思っていたら、テラゴリー先生!あなたオルレアン公の配下だったんですか。
こうしてみると、四銃士、それぞれがそれぞれの派閥の思惑を背負って集まっていたわけですね。

うーん、面白いなー。
これ最後どうなるんだろ?マクシミリアンはいまだに謎だし。
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://purringcat.blog62.fc2.com/tb.php/3-49c801ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。