purring cat

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアスというお伽話

先日、マンガは読むがアニメはあまり観ない友人と話をしていて、
お互いに最近面白いと思った作品、ということで私はコードギアスの説明をしてみました。
一口で説明するなら何が適当かなあと思い、口にしたのは「お伽話」。
私的にギアスは残酷なお伽噺、という言葉がしっくりくる物語です。

残酷な、とわざわざ付け足さなくとも、お伽話や童話はダークなものが多いですよね。
簡単に人が傷つき、時には死ぬ。主人公が死ぬこともある。
世の中の残酷さ、生きていくことの厳しさが反映されていて、登場人物達は不条理な目に遭うことも多々。

それに、徹底して因果応報。
白雪姫の継母が、焼いた鉄の靴を履かされて死ぬまで踊らされたという結末は、
幼心にトラウマになりかけましたw
母よ、あの分厚いグリム童話集は凄かった。
原典通りだとは思わずに、買い与えたんだと信じたい・・・。

ギアスも、魔女に魔王に魔法(ギアス)に皇子様にお姫様、それと騎士が繰り広げる不条理で残酷で因果応報な物語。

書き出してみると、みごとにストライクゾーンのど真ん中な話しだわ。

友人も、小説ではタニス・リーを好んで読む人なので、興味はもってくれたようです。
レンタルで一期から観るらしい。
私も現在、友人お勧めのLの世界をレンタルで視聴中。
第一巻を以前観たきり、次をレンタルしてなかったので、よい機会だと思い観ています。
ちなみに第一巻の感想はこちら(以前の日記)。

話はギアスに戻りますが、ギアス放映中は、アーサー王なネーミングにもわくわくしてました。
アーサーランスロット、R2の円卓の騎士
魔法使いの始祖とも言えるマーリンも登場するんではないかと、ひっそり期待してた時期もありましたっけ。

でも、今思えばマーリンがルルーシュだったの?と思ったり。
マーリンの出自については諸説ありますが、魔王ルシファーと人との間に生まれた子、という肩書きもありましたよね。
魔術を使い、策を弄する魔王の息子。
ルルーシュそのものではないかと思うんです。
エンディングの「わがたし悪の華」の歌詞も、このイメージを増幅させてくれるんだよなあ。

本編と公式サイトのみの知識しかないため、かなり的外れだと自覚はしてるんですが、
その辺りのことがやたらと気になってます。
そのうち、資料や製作者のインタビュー記事をまとめた本が出ないかなと期待しています。

ああ、ギアスは面白かったなー。
BSでR2の再放送が始まったので、まだまだ楽しむぞ。


以下は「Lの世界」5巻までの感想。ネタばれあり。
【“コードギアスというお伽話”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。